五式中戦車と九二式重機関銃作成記15 対空擬装その1

対空偽装
モッキーはふと思った???対空擬装や予備の履帯を戦車に取り付ける時にどうしたらいいのだろうか?
1946年4月の本土決戦時には常に敵航空機の脅威にさらされている。今まで硫黄島から出撃してきたP-47やP-51は北関東までは航続距離がギリギリで戦闘空域での滞空時間に限りがあったが、1945年11月に始まった南九州上陸「オリンピック作戦」により鹿児島・宮崎がアメリカ軍に占領されそこに約3,000機が収容できる大規模な航空基地が建設されより近い南九州からの出撃で爆弾やロケット弾を搭載して余裕で関東に飛来することが出来る。
更に重爆撃機に加え、中型攻撃機も飛来するようになり、関東の上空は常に敵機が我が物顔で飛び回っている状態だから、対空擬装をしていないなんてありえない。
また予備の履帯も装備したい。アメリカやドイツの戦車でよく砲塔前面や側面に予備履帯をつりさげている写真を見かける。
日本ではその様な写真はあまり見かけない。日本陸軍は予備履帯を戦車に取り付けないのか?と思って探していたらありました。
type97ritaiS.jpg
撃破された九七式中戦車だが、左の写真だと砲塔部分に履帯を吊り下げている。右の写真は車体前面に載せている。
履帯が切れた時に予備がないと走行困難になるし、ただでさえ薄い装甲の日本陸軍の戦車が追加装甲代わりに履帯を利用しないのは不自然だと思います。

オリンピック作戦
予備履帯や擬装網などを取り付ける為の金具がまったくないんですよね。この戦車は・・・
まあ本当の歴史では試作段階で終戦になってしまったので、そこまで気が回らないのは致し方ないのですが、前年11月のオリンピック作戦や頻繁に空襲される関東地方ではもはや対空擬装は必須となっているので、その取り付け金具はないとおかしいでしょう?
プロトタイプで装備されていない装備は実戦を経て量産型では改良されるだろうし、万が一なくても現地部隊で取り付けることもおかしくない。
そこで取り付けられる部品を今まで作ったプラモの余りのパーツの中で探してみました。ゴソゴソ
予備履帯
エッチングパーツも捨てずにとってあります。薄い鉄の板などはエッチングパーツは使えます。
今回の取り付け金具に利用出来そうな部品はエッチングパーツの枠の部分を切断します。
戦車が追加装甲
なんとなく、それっぽい部品が出来上がりました。
戦車全周にとりつけるので長いパーツ
戦車全周にとりつけるので長いパーツを10個と短いパーツを1個作りました。
自作したパーツを戦車に取り付けます
先ほど自作したパーツを戦車に取り付けます。
ただ単に貼り付ければ良いと言うわけではなく、ちゃんと扉部分に当たらない様に接着します。
牽引用のワイヤー抑え
車体にも6個取り付けました。車体右後方には牽引用のワイヤー抑えなどの器具が取り付けてあるので、擬装網の設置にはその部品が利用できると思い
その箇所にはあえて設置しませんでした。
擬装網の設置
砲塔をぐるーーっと1回旋回させて、取り付けた金具にぶつからない事を確認します。
旋回砲塔に予備履帯を取り付ける
さて予備履帯の取り付けですが、旋回砲塔に予備履帯を取り付ける時に、裏面を接着して浮かしたら、マジックショーじゃあ~あるまい!そんなことはあり得ない
車体に溶接するという事も考えられるが、予備の履帯なので取り外せないと意味がない
だから取り付けフックを自作します。鉄のフックだと思うのでホビーワイヤーに黒鉄色で塗装します。
ホビーワイヤーを使って予備履帯の取り付け
ホビーワイヤーを履帯に巻きつけてから取り付け金具にぐるっと廻して接着
あまり力任せに引っ張ると、パーツが外れたり破損することも考えられるので手加減しながら引っ張ります。
予備履帯は黒鉄色
砲塔と車体前面にも予備履帯と2種類作りました。予備履帯は黒鉄色で塗っていますが、多少汚しはしています。だけど実際に利用しない予備なので泥だらけなのも変なので少し汚した程度にしています。
砲塔部分の履帯は下の車体から少し浮かした状態になっています。鉄の部分なので車体と接触すると傷がつくので、履帯下部と車体との間は少し離しています。
擬装網には止血用のガーゼ
擬装網の作成に移ります。今回利用するのは歯医者さんでもらった、止血用のガーゼ!
これが手元に残っていたのでこれを使います。
ガーゼを広げると丁度網目
ガーゼを広げると丁度網目になっているのでこれが使えそうです。
でも白はいけないので適当な色を着色していきます。
陸軍で使う網って何色
帝国陸軍で使う網って何色?さっぱりわからん?カーキー色にしようか?悩んだんだけど
五式中戦車の車体を塗装した際の枯草色が余っているでその色で作りました。車体の迷彩塗装にぴったり合いそうです。
枯草色にたっぷりの薄め液
まさかガーゼに筆塗りという訳にもいかないので、枯草色にたっぷりの薄め液をつけて、そこにガーゼを浸しました。色を吸ってくれて良い感じになります。
擬装網に少し薄汚れた感じ
十分に乾かして広げてみたんだけど、少し綺麗な感じもする。もう少し薄汚れた感じも欲しいところです
エナメルブラックで汚し加工
エナメルブラックを使って汚してみました。
同じように少量のエナメルブラックを溶剤でおもいっきり薄めてからさっき着色した擬装網に浸した後に乾かします。
DSCF6016S.jpg
擬装網は出来上がりましたが車体の取り付けは次回にしたいと思います。

五式中戦車と九二式重機関銃作成記:予告編

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。檜山 良昭先生の著書『日本本土決戦』を参考に1946年4月13日 千葉県大和田原(現:八千代市)で壊滅した第36軍戦車第4師団 戦車第29連隊の生き残りの五式中戦車と九二式重機関銃のジオラマを作る

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記1:作り方はじめ

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。はじめてのジオラマなのでどんな感じで出来るのか?また日本軍の戦車は初めてなのでドキドキものです!しかも実際には試作のみで完成していない幻の中戦車の作成。ファインモールド 1/35 五式中戦車用砲身セット 主砲&副砲セットも購入

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記2:車体の作り始め

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。車体の作り始めです。昭和21年4月13日 千葉県大和田原にて第36軍戦車第4師団の五式中戦車と九二式重機関銃の兵で九十九里に上陸したアメリカ第1軍を迎え撃つ。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記3:今年もモッキーのお気楽プラモ道をよろしくお願いします

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。誘導輪・起動輪・上部支持転綸を作りました。この後、転輪を32個作らないといけない!そうそう!何故モッキーが戦車を作るのが苦手だったのか思い出した、この転輪を作るのがめんどくさいから苦手だったのだ

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記4:一式三七粍砲と九七式車載重機関銃の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。この五式中戦車には53口径75mm砲と46口径37mm砲の2門ある世界的にも珍しい多砲搭載戦車になっている。太平洋戦争の終戦まで使用された日本の主力車載重機関銃の九七式車載重機関銃はかなり精密な作り

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記5:五式七糎半戦車砲の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。さぁ~戦車砲の作成です!戦車を作る時に戦車砲を作成するのが一番戦車を作っている感があります。だって一番目立つ部分だもん!五式七糎半戦車砲の作成です。なんかとてもカッコいいですね。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記6:車輪の憂鬱

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。主砲が金属パーツと言う事もあり、塗装する前に全体にサーフェィサを吹いて下地を作っておきます。車体にもサフを吹きます。複列転輪です。すでに誘導輪・起動輪・上部支持転綸は作ったので この複列転輪を32個作成します。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記7:車体の塗装

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。今回はいよいよ車体の塗装です。車体の前面塗装をする前に多少シェイド塗装をしていきたいと思います。月間アーマーモデリングやダイオラマパーフェクトなどのシェイド塗装を参考にしながら塗装を施します。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記8:車体が完成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。消音器の形に合わせてカバーを作り排気管を消音器に取り付けます。7.7mm車載重機関銃と46口径37mm砲の取り付けを行う。車体後部上面に牽引用ワイヤーなどを設置し車体が出来上がりました。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記9:気が狂いそうな履帯の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。何故この五式中戦車を選んだかと言うと、思い起こせば四式中戦車の履帯がゴム式だったのが嫌で連結式履帯のこの戦車を選んだのだった。だが作り始めるの、苦痛と言う他がないほどの単調の作業の連続です。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記10:ダメージ表現をしてみました。

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。昭和21年3月9日に九十九里浜に上陸したアメリカ軍に決戦を挑んで生き残った戦車です。その為、車体が無傷と言うのは極めて不自然になります。まずは車体に銃痕をつけようと思います。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記11:千葉県の土壌の考察

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。千葉県の土壌はどのようになっているのか?農研機構と千葉県ホームページにあった千葉県農耕地土壌の実態と変化について参考にしました。八千代周辺の土壌図を見てみると土の分類は黒ボク土になるようです

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記12:Mr.ウェザリングペーストを使って車輪の泥表現

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。1946年の千葉の沿岸部は道路が全て舗装されているとは思えない。3月9日の時点で泥の状態になっている可能性が高い!その状態を加味して車輪のウェザリングを施したいと思います。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記13 履帯のウェザリング

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。履帯・・・今風に言うとキャタピラ!昔の千葉の道なので当然塗装もされていない道が多い!Mr.ウェザリングペーストを使ってはじめて履帯のウェザリングを行ってみましたが、モッキー的にはいい感じで出来たような気がします。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記14 車体のウェザリング

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。五式中戦車は千葉ですでにアメリカ軍と戦闘を行った後の状態なので汚れている。だから車体のウェザリングを行います。Mr.ウェザリングペーストを使用します。泥はね表現も行う。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記15 対空擬装その1

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。もはや太平洋戦争末期の状況では対空擬装は必須!予備履帯や擬装網を取り付ける金具の作成なども行う。今回の取り付け金具に利用出来そうな部品はエッチングパーツの枠の部分を切断します。それに予備履帯と偽装網を取り付けます。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記16 対空擬装その2 擬装網の取り付け

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。戦車に取り付ける擬装網の作成を行う。ジオラマを作っているのは昭和21年。しかも日本本土に上陸したアメリカ軍を迎え撃つ設定。常に上空には敵機が飛んでいる。やはり偽装網は必須の状況。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記17 対空擬装その3 葉っぱ地獄

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。常に上空を連合軍の航空機が飛んでいる状況なので対空擬装で葉っぱを戦車に取り付ける。木の幹にあたる部分でオランダドライフラワーを購入。葉の部分にはホビーショップ パンツァーレーアさんで購入。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記18 九二式重機関銃の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。タイトルにもあるように日本陸軍で太平洋戦争を通して長く使われていた九二式重機関銃の作成。太平洋戦争を通して使用された重機関銃。しかし部品が細かい。視力が弱っているモッキーにはつらい作業

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記19 ジオラマその1 戦車壕の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。戦車を敵の攻撃から防ぐため戦車壕の作成を行います。台座は会社近くのホームセンター ジョイフル 本田 八千代店さんにて購入。地形はスタイルフォームを使って作りたかった、適当なサイズがなく発泡スチロールで作成。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記20 ジオラマその2 重機関銃陣地の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。今回は重機関銃陣地の作成風景をお届けします。五式中戦車の戦車壕に敵兵の接近阻止を図るためその隣に機関銃陣地を作ることは自然な流れになる。ザクザクとナイフでカットしていくが大量の発泡スチロールの削りカスがでます。お掃除が大変

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記21 ジオラマその3 地形の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。発泡スチロールで土台を作ったけど、さすがにこれではジオラマとは言えない。100均の粘土が良いとの事で、ダイソーに粘土を買った。細かい加工もできる本格的な石粉ねんどを発見しこれを使います。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記22 ジオラマその4 地面と雑草の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。ジオラマで結構重要な地面と雑草の作成を行います。千葉県の土壌は黒ボク土なので黒が強めな土でのMr.ウェザリングペーストで塗装。枯れた雑草と和巧さんのジオラマアクセサリーシリーズ 雑草IIIを使用

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記23 ジオラマその5 今年最初の作り始め 土嚢の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。戦争もので定番になっている土嚢の作成を行います。土嚢は2種類あります。重さで潰れた下積み用の土嚢が36個と上積み用土嚢が12個。半田ごてを使ってへこみや折り曲げた土嚢を置きます。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記24 ジオラマその6 ベース枠の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。ジオラマのベース枠の作成。ジオラマを作るのって結構大変!今回は台座に地面の発泡スチロールを取り付けてとベース枠を作ってきます。ベース枠にはカラーニスを塗ってきます。隙間には焼石膏を流し込みます

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記25 ジオラマその7 ジオラマ小物の作成1

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。土が崩れないようにした土留めと階段の土が雨で流出しないようする木の板のジオラマを飾る小物の作成。戦車壕の土留めの丸太を設置して行きます。ジオラマを表現するには重要な要素の小物です。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記26 ジオラマその8 ジオラマ小物の作成2

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。ジオラマで使う発電機・九四式六号無線機などの小物の作成です。戦場は雑多な道具が多くあるのが普通で、スッキリ整理整頓されるとむしろ違和感を感じる。 今回の小物は日本陸軍将校セットから作っていきます。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記27 フィギュア作成その1 混迷のフィギュア作り

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。フィギュア作りも混迷を極めている。出来れば日本兵の作成を割愛して一気に完成に持ち込みたいのだが戦場のジオラマで人物がないのは、まったくおかしい。九二式重機に保弾板を差し込む兵隊などの作成。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記28 フィギュア作成その2 戦車兵の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。フィギュアの戦車兵を作成しました。ついでに見える範囲で37㎜砲の砲弾ラック・椅子・無線機などの小物が出来上がりました。その後に戦車兵を置いていきます。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記29 フィギュア作成その3 兵士の作成

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。フィギュアの兵士の作成編です。戦車兵4体・下士官1体・兵4体・通信兵1体・将校1体・国民義勇隊1体の合計12体のフィギュアを作ります。国民義勇兵には刺突爆雷を装備させます。

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記30 フィギュア作成その4 混迷の服の塗装

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。フィギュアの服の塗装編。単純に服の塗装といっても、ただ塗料を吹きかければ終わりというわけではなく、服のシワの浅い部分は明るく シワの深い部分だと色を濃くするなど陰影の違いを表現しないといけない

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記31 フィギュア作成その5 超難関!?顔の塗装

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。モッキーにとっては高難易度のフィギュアの顔の作成。トホホの作成記。デジタル顕微鏡を見ながら顔の塗装をしているけど日本人の顔の色ってかなり難しい。思い通りの色がでない。思わず購入美少女フィギュア フレッシュセット

2 comments

五式中戦車と九二式重機関銃作成記32 フィギュア作成その6 これで勘弁してくだせぇい~涙 

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。涙のフィギュア作成編 フィギュアの顔の塗装には美少女フィギュア フレッシュセットを使います。どんな出来具合になるのかドキドキもんです。フィギュア作成の熟練者からは笑われちゃう出来だろうけど、モッキー的にはこれで満足

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記33 フィギュア作成その7 小物を作る

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。フィギュア作成で小物を作る。八式歩兵銃 負い革やゴーグルのバンド・エッチングパーツを利用して九〇式鉄帽の擬装網を作ります。偽装網には当然葉っぱを取り付けます。軍刀も持たせて出来上がり

コメントなし

五式中戦車と九二式重機関銃作成記34 やっと完成!

五式中戦車と九二式重機関銃のプラモをジオラマにて作成。やっと完成しました。作りはじめを掲載したのが2016年12月17日なので今日2018年6月10日まで1年5か月以上!完成まで540日かかりました。完成を記念してプレートもついでに作りました。

2 comments