切れ味の良いニッパーは如何ですか?ゴッドハンド(GodHand) アルティメットニッパー5.0


皆さんはプラモデル作成でどんなニッパーを使ってますか?モッキーは近くのプラモ屋で買ったごく普通のタミヤのニッパーを長年使ってます。これはこれで使い勝手が良く気に入っていたのですがこの頃切れ味が悪い。そこでインターネットで切れ味の良いニッパーを探していましたが、見つけました

結構値段が高いです。これを購入した時アマゾンで5,000円位で購入したのですが、記事を書くのに久しぶりに価格を見たら倍以上になっていました。
まあ~この値段を出してまで買いますか?って言われると正直買わないと思うけど、切れ味などを書いてみます。

もともとガンプラを作るのに、このニッパーを購入しました。白化対策として2度切りが良く言われています。ガンプラに限らず他のプラモでも基本この2度切りをしていますが、ガンプラ以外だとそれほど神経質に切らなかった。白化してもリカバリーして塗装をすれば、何とか見るに堪え得るから・・・

でもガンプラだと塗装が難しい場面もあり、この白化対策がかなり重要になってきます。その為白化しにくい切れ味の良いニッパーが欲しかった。慎重に切ればそれほど白化なんてしにくいんだけど、それではプラモデル作るのが面倒くさくなるし楽しくない。やはりスパスパ切りたい。

すこし大げさな表現をしたならば、普通のニッパーがパチンパチンと切れるのに対してこのアルティメットニッパーは刃がすーーーーーーーっと入っていきます。パチンなんて手に衝撃は来ません。このようにガンプラで2度切りしても殆ど白化はしません。

ちょっと切れ味を比較してみました。右が10年近く使っているかなり年季の入ったタミヤのニッパーと左がアルティメットニッパー

直径3㎜ほどのランナーを切断して切断面を見ていきます。

タミヤのニッパーで切ると、指先にかなりの力が必要になり、それこそパチンと切れます。断面を見ると、白化が激しく、それとランナー部分の破損も見られます。ここまでくると補修作業が大変なレベルです。

アルティメットニッパーは3㎜と厚いランナーもすーっと刃が入っていきます。白化はしているけど、最小限と言う所ですか?何よりも破断面が綺麗に整って割れなどは発生していません。まあ実際にこれほどの大きさのゲート処理をすることは滅多にありませんので、普通のニッパーでも十分と言えます。白化も2度切りやデザインナイフを使えば問題なく防げます。先ほども言った通り5000円だから買えたが、万を超えるニッパーは、かなり高価で刃先が欠けたら泣くに泣けない!それでも切れ味が欲しいという方には目から鱗が落ちるほどの切れ味です。抜群の切れ味を求める方にはお勧めの逸品です。