おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その9 武器の作成


モビルスーツ(MS)MS-06J ザクIIが使用する武器を作成していきたいと思います。今回作成するのはザク・マシンガン・ザク・バズーカ・ヒート・ホークです。
それではザク・マシンガンから作っていきます。

ザク・マシンガンやザク・バズーカは曲面が多いのでかなり気を使った作成になります。

今回新たにモッキーが購入した新兵器 アルゴファイルジャパン AR105 アルティマ ファイブについてもご紹介します。プラモデルってやたら削る工程が多いんですよね。これは宿命でこれは避けては通れません。この削る作業を劇的に軽減してくれるアイテムです。かなりの人気商品でなかなか手に入らなかったけど、やっと購入する事が出来ました。

★気になったら下の画像をクリックしてください★



まずこれの凄い所はアタッチメントが豊富で先端ホルダー7種が付いています。これで幅広く作業をカバーできます。

それとスピードコントロールダイヤルにより、0~5,000往復/分の前後ストローク振動が出来るってかなり便利なんだよね。部品によっては回転数を落として慎重に削らないといけない場所もあるし、広範囲に削る時はスピードを速めて一気に削りたい場合もある。手元にあるダイヤルを回す事でスピードコントロールが出来ます。それとボディ本体は軽量で持ちやすく、電源はACアダプター使用でパワフルなトルクで乾電池式だとどうしてもパワーが落ちちゃうけどこれはその心配がない。スゴク便利なアイテムです。

240番のヤスリが付属しているアルティマ ファイブは削ることに関してはすごく効率的に作業してくれてあっという間にゲート処理をしてくれますが、処理面はかなり粗削りになります。そこで磨く工程は今まで使っていたGSIクレオス Mr.ポリッシャーPROの1000番で綺麗に磨いていきます。

Gツール GT41 Mr.ポリッシャーPRO用交換ヘッド

Gツール GT41 Mr.ポリッシャーPRO用交換ヘッド

246円(11/14 14:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
Gツール GT48 Mr.ポリッシャーPRO用 交換耐水ペーパー400

Gツール GT48 Mr.ポリッシャーPRO用 交換耐水ペーパー400

174円(11/14 14:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

ザク・マシンガンの銃口部分のゲート処理もかなり綺麗に処理できました。

銃床部分やトリガーにあったプラモデルを生産する時に金型の分割線であるパーティングラインも綺麗に処理できました。

さて次は問題のザク・バズーカです。何が問題かというと曲面がかなり大きいです。しかも目立ちます!?・・・だからここを綺麗に処理できるかが腕の見せ所になります。

先ほどと同じようにアルティマ ファイブで大きなゲート跡を処理します。

曲面ゆえに削る工程はかなり慎重にしないとイケナイ。削りすぎるとバランスが悪くなります。目立つパーティングラインはタミヤのフィニッシングペーパー(耐水ペーパー)400番で削っていきます。なるべく局面に合わせたように指先でコントロールします。

凸部分がなくなったが逆に凹部分が少し目立つかな?

まあ~とりあえずこんな感じでザク・バズーカが出来上がってきました。

ザク・マシンガン・ザク・バズーカ・ヒート・ホークの形が整いました。

作った武器にサーフェイサーをまいて仕上がり確認を行います。

ありゃりゃりゃぁ~ある程度予想していたが、パーティングラインとゲート処理がまだできていません!ここを何とかしないといけないですね(泣

タミヤのパテを使って修正していきます。

タミヤパテを薄め液で溶いて、溶きパテを作ります。

凹部分に溶きパテを流し込みます。少し厚めにした方が作業がしやすいです。

パテを塗った部分を中心にフィニッシングペーパーで均していきます。

良い感じでパーティングラインを消すことが出来ましたが。

最後にサフをかけてザク・バズーカの整形が終了しました。

塗装に入ります。塗料は帝国陸軍 五式中戦車を作った時にあまった枯草色を使います。

ザク・バズーカに枯草色で塗装します。

ザク・バズーカに迷彩塗装をしたいので、マスキングテープにお好みのデザインでカットします

迷彩カットしたマスキングテープをザク・バズーカに貼り付けます

ザク・バズーカにザクの基本色であるMSディープグリーンを吹き付けます。

ヒート・ホークも塗装しますが、本来ヒート・ホークの指定色はパープルになっているが・・・さすがにパープルはないでしょ!パープルは・・・(苦笑
って事でここもMSディープグリーンを吹き付けます。但し刃の部分は別の色で塗装するのでここはマスキングテープを付けます。

ザク・バズーカとヒート・ホークにグリーンを吹き付けてマスキングテープととります。ザク・バズーカの筒部分はMSディープグリーンだが、中央部分の発射装置部分と後部の噴射口はミッドナイトブルーで塗装します。

ザク・マシンガンもミッドナイトブルーで全体を塗装。それとヒート・ホークの動力パイプ部分かな?ここもミッドナイトブルーを筆塗りします。

照準器ガラス部分は蛍光ピンクで筆塗りします。

ヒート・ホークの刃の部分は熱が加わるので焼鉄色かな?って思ったんだけど素直にメタリックカラーのアイアンで塗装します。



こんな感じで出来上がりました。やはり兵器であるザクに武器を持たすとサマになりますね。いよいよ完成が近づきます。次回は汚し表現をするウェザリングを行っていきます。

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その1 モッキーいきまーーーす!

モッキーにとって初めてのガンプラです!プラモ作り始めて30余年・・・途中仕事で忙しくてしばらくプラモ作っていない時期が10年あるのでプラモ歴20年位のただただ年数が長いが腕が全く上がらないヘッポコモデラー!今まで艦船・航…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その2 ゲート処理

おっさん ガンプラを初めて挑戦します。とは言ってもプラモ素人って訳ではなく、それなりに年数やってます。まあ~上級とは言わなくても中の上程度のスキルがあるかな?だけど、この作成記が正しいとは限らない!なんせガンプラの経験が…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その3 素組み編

おっさんが作る初めのガンプラ編です。さていよいよ素組みを行います。これは他のサイトでも色々紹介されているので、詳しい内容は別のサイトを見た方が良いと思うよ(前回に引き続き自虐的w 一応素組みとは言え、最終的には塗装まで行…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その4 素組み完成

さてもう夏も終わりになってきました。これから先は結構過ごしやすい日々が続くと思われるのでプラモ作成がはかどりそうです。そんな事で今回は素組み編です。右手が完成しました左手の作成に移ります 左肩のスパイクの作成ですが、こう…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その5 ガンプラ塗装前の下準備

初めてのガンプラシリーズで今回は最難関のガンプラ塗装です。何故塗装が難関だと言うと、ガンプラの関節部分などはABS樹脂が多用されています。このABS樹脂が曲者で塗料に含まれる溶剤や薄め液などが樹脂内に浸透し、小さなヒビな…

2 comments

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その6 ガンプラ塗装に挑戦

それではいよいよガンプラ塗装にチャレンジしてみます。ガンプラ塗装で最大の問題がABS樹脂です。この樹脂はラッカー塗料やエナメル塗料に含まれる溶剤が樹脂内に入り込みひび割れを起こし最悪の場合パーツが破断します。このためガン…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その7 ガンプラ迷彩塗装編

モッキーが初めてガンプラを作ろうと思ったときに少し構想がありました。ガンプラをミリタリー目線で作ってみたい・・・と!?ザクはアニメの1キャラクターだけど、違う目線でみると宇宙世紀に一世を風靡した立派な兵器であると! 例え…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その8 ダメージ加工

アニメで出てくるキャラクターのザクはそもそも戦場で使う兵器!しかもオデッサ作戦以降主戦場が宇宙(そら)になり地球圏に取り残されたジオン地上軍にとって補給も整備もままならない状況でピカピカな兵器はむしろ不自然だし戦闘で被弾…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その9 武器の作成

モビルスーツ(MS)MS-06J ザクIIが使用する武器を作成していきたいと思います。今回作成するのはザク・マシンガン・ザク・バズーカ・ヒート・ホークです。 それではザク・マシンガンから作っていきます。 ザク・マシンガン…

コメントなし

おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その10 ウェザリング

モッキーが初めて作ったガンプラもそろそろ完成します。でも最後に行わないといけないことがあります。それはウェザリング・・・つまり汚しです。 前にも書いたと思うけど、ガンダムなどの艦載機はメカニックマンも常駐しているし整備も…

コメントなし