おっさんが挑戦する初めてのガンプラ MS-06J ザクII その1 モッキーいきまーーーす!


モッキーにとって初めてのガンプラです!プラモ作り始めて30余年・・・途中仕事で忙しくてしばらくプラモ作っていない時期が10年あるのでプラモ歴20年位のただただ年数が長いが腕が全く上がらないヘッポコモデラー!今まで艦船・航空機・戦車・宇宙戦艦ヤマトなど作成したがガンプラの経験が全くない!別にガンダム嫌いって訳ではない!学生の頃から機動戦士ガンダム見ていたし、その後も機動戦士Ζガンダム、機動戦士ガンダムΖΖと見て、0080 ポケットの中の戦争 、0083 STARDUST MEMORY、第08MS小隊も見ているし今でも機動戦士ガンダム THE ORIGINを楽しんでみている。時に中学二年生の頃、モッキーの周りではガンプラの話でモチキリ!みんなガンプラの話・・・だがモッキーはその輪に入れなかった。当時プラモ作成は1/700のウォーターラインシリーズの戦艦作ったり、ニチモの1/500空母瑞鶴や1/32一式戦隼や零戦などを作っていたモッキーにとってはそんなオモチャとバカにしていたかもしれない!中学二年生で中二病を発症しいまだ完治はしていない。そんなリアル中二病のおっさんが再び中二の頃に戻った気分でガンプラをはじめようと思ったのであ~る!?
プレミアム バンダイ

初めて作るガンプラはMG 1/100 MS-06J ザクIIになります。部品点数はかなり多いです。作りごたえがありそうです。まあ~詳しいガンプラの作り方ってネットでちょいと調べると山のように出てくるし、初めてガンプラ作るものがウンチクを垂れても笑われるのでまあ~こんな感じで作っているよ的に読んでもらえると助かります。
でも前回かった荒野のコトブキ飛行隊の一式戦隼 キリエ機は部品がスカスカだったのに値段があまり変わらないこのガンプラは部品ずっしり
バンダイ・・・恐るべし


ここから書く内容はやらなくても後工程に、まったく影響を及ぼしません!
いつもの儀式 プラモ洗浄の儀です。
たまにプラモ作る時には洗浄しましょうって話がある。まあ~100%否定はしないが、少なくても国産プラモで最初の素組みではあまり意味がないと思う。モッキーの経験上、塗装がうまく乗らないとか接着がはがれたなんてほとんどないって言うか、この工程を以前は省いていたがそのような事態におちいった経験がない!ファインモールドさんのご機嫌クリーナーの記述には
レジンキットや東欧製、中国製のプラキットにみられる塗料をはじく頑固な離形剤もしっかり落とします。国産のプラキットには離形剤を使用していませんと書いてある。

まあ~あまり意味がないが、でもプラモ様作らせてくださいとのお祈りを込めて洗浄しても良い。だからこの頃洗浄はいつもしています。
洗浄には台所食器用洗剤を使用します。油落としはやっぱりジョイ
ゴシゴシ洗うとパーツが破損する恐れがあり、フル程度か?軽くナデナデするかで良いです。

水で綺麗に洗剤を落として

ここポイント!熱風はダメよ!パーツ変形しちゃうから、必ず冷風にセットします。タオルの上で水を落としているが、面倒だからってタオルとかで拭き拭きもお勧めできない。繊維に絡まって細いパーツが破損する恐れもあるから!ある程度水を飛ばしたら、日陰で1日置いておきます。そうすると水っ気が取れます。

さていきなり難関が訪れました。ジオン軍パイロットの塗装です。まあ~機体の中に入ってしまうので正直塗装をしなくても良い気もするが、そこはこだわり派のモッキーは是非色を塗っておきたい。
でも普通に筆塗りなんてこの頃視力が低下しているモッキーにとっては至難の業!ここは高倍率で表示される
Inlight デジタル顕微鏡 4.3インチHD LED 1080Pビデオモード 3.6MP 1?600倍連続倍率 を使用します


デジタル顕微鏡のモニターを見ながら筆を動かします。そうそう筆も大切です
タミヤモデリングブラシHGです


ヘルメットのバイザー部分の指定色がスカイブルーだったが、色がないのでちょっと濃いけど青竹色で塗りました。まあ~皆さんガンプラのベテランさんが多いからあまり参考にはならないと思うけどこの企画を続けます。さて次回は素組み編です