村雨型宇宙巡洋艦:アブクマ SPACE CRUISER ABUKUMA

スポンサーリンク

宇宙戦艦ヤマト2199の第一話で冥王星沖に出撃した村雨型宇宙巡洋艦は連合宇宙艦隊の中核をなす艦でメ号作戦ではこの村雨型巡洋艦が9隻参加したが強大な火力と重装甲を誇るガミラス艦隊により全て撃沈されてしまう。宇宙巡洋艦「アブクマ」の最後は先行する突撃宇宙駆逐艦「シマカゼ」の艦尾に敵弾が命中し制御不能になった船体は大きくコースをはずれ「アブクマ」のほうに向かい衝突コースをとってしまう。「アブクマ」艦橋では接近する僚艦から離れるように退避を命じるも眼前に「シマカゼ」の船体が迫り乗員の悲鳴が艦橋にこだまする。「シマカゼ」は「アブクマ」の艦橋付近に衝突し両艦は大爆発をおこし撃沈されてしまう。敵弾で沈められず僚艦の衝突と言う悲劇的な最後を迎えてしまう。

性能諸元

艦種:村雨型宇宙巡洋艦「アブクマ」
識別番号:CAS-229
全長:152m
兵装:
20サンチ陽電子衝撃砲1基
20サンチ連装高圧増幅光線砲3基
魚雷発射管4門
メ号作戦に参加した村雨型宇宙巡洋艦は下記の通り
ユウギリ CAS-253
アタゴ  CAS-266
ツルギ  CAS-777
ムラクモ CAS-718
クラマ  CAS-854
アブクマ CAS-229
ヤクモ  CAS-890
イブキ  CAS-741
ナチ   CAS-702

宇宙巡洋艦アブクマは国連宇宙海軍 極東方面空間戦闘群に所属し西暦2170年に進宙した村雨型宇宙巡洋艦の同型艦になっている。メ号作戦ではガミラス艦隊に全く歯が立たず次々と撃沈される。


戦闘開始直後に旗艦キリシマをそれた敵ビームが「ユウギリ」の右舷中央に3発被弾し轟沈する。「アブクマ」は味方突撃駆逐艦の衝突により撃沈。艦名が、かけててはっきりとはわからないのだけど、3文字の艦名で最初が”つ”と書いてあるように見れるので多分「ツルギ」だと思うけど、艦橋付近に敵弾を受けてその後立て続けに右舷中央に敵弾2発被弾しこちらも轟沈。キリシマがガミラス艦隊にミサイルを発射した後敵艦隊の反撃により船体中央に敵弾をうけて撃沈した艦も艦名がはっきりは見えないが、3文字で最初の文字が”や”と書いてあるようなので「ヤクモ」だと思えます
この様に村雨型宇宙巡洋艦は敵に損害を与えることが出来ず、同型艦は全て撃沈された。

アブクマの最後のシーンを突撃駆逐艦「シマカゼ」を使って再現してみました。
この後シマカゼがアブクマの艦橋付近に激突し両艦とも大爆発をしてしまう。

村雨型宇宙巡洋艦の主要装備

20サンチ陽電子衝撃砲
陽電子衝撃砲はのちにヤマトに装備される衝撃砲・・・いやショックカノンと言った方がピンと来るかな?
このショックカノンの原型とされているのが陽電子衝撃砲はガミラス艦に最も有効な兵器とされているがこちらを撃ってガミラス艦を撃沈する場面は描かれていない。
宇宙戦艦ヤマトの場合は3門の砲から同時に衝撃砲を発射してそれが螺旋状に束になってガミラス艦を撃沈しているけど単装の衝撃砲でしかも口径が20サンチとヤマトの副砲1門同程度なので果たしてガミラス艦を撃破することが可能なのだろうか?

魚雷発射管
20サンチ陽電子衝撃砲の後方には魚雷発射管が4門装備されている。

20サンチ連装高圧増幅光線砲
村雨型宇宙巡洋艦には20サンチ連装高圧増幅光線砲が連装砲3基で計6門が装備されている。艦橋の前方に2基・艦橋後方に1基装備されているが性能は古代守るが乗る「ユキカゼ」の艦橋で味方の通信が入っていたが、「こちらの主砲では歯がたたねぇ」と言う悲痛の会話があったとおりデストリア級航宙重巡洋艦などのガミラス艦にことごとく跳ね返され装甲を貫通することが出来なかった。

参考文献
バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199 連合宇宙艦隊セット1 取扱説明書
宇宙戦艦ヤマト2199 公式ホームページ

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その1 ゲート処理に関して

プラモデルの作成で基本的なゲート処理をメインに書いています。前回金剛型宇宙戦艦キリシマのブログでも書きましたが基本的には難しい事は一切ありません!ニッパーで切り取って説明書通り組み立てて、接着剤を流し込む!そしてデカールを貼るくらい。特別な技術はいりません。

コメントなし

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その2 隙間処理

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦作成記の第2弾です。船体の作成に入っていきます。この艦は金剛型と違い色がかなり分かれているので船体のブロック構造もそれに合わせてちょっと複雑になっています。しかも隙間があきやすいので隙間処理に関してブログしちゃいます。

コメントなし

宇宙戦艦ヤマト2199 村雨型宇宙巡洋艦 作成記 その3 汚し塗装・合わせ目消し

村雨型宇宙巡洋艦作成記第3弾です。前回までで船体の組み立てが完成しました。でもそのままだと綺麗過ぎちゃうんですよね。なんかおもちゃっぽくなるので多少墨入れと汚しを行います。金剛型宇宙戦艦と同様に今回もエナメル塗料のフラットブラックを溶剤で薄くして墨入れをします。

コメントなし