面倒な窓ガラス掃除が楽になるケルヒャー Karcher  窓用バキュームクリーナー WV 50 plus


そろそろ大掃除の季節がやってきました。とても憂鬱な季節です。特に窓ガラス掃除は大変!さすがに汚れているのをそのまま放置して年越しって脇にはいかない。でも窓ガラスが多いとそれなりに手間になる。それをかなり楽にしてくれるのがこのケルヒャーの窓用バキュームクリーナー WV 50 plusです

窓用バキュームクリーナー WV 50 plus

窓用バキュームクリーナー WV 50 plus

6,450円(04/01 15:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
但しこのタイプは生産終了になっていて今は最新のWV1がおススメ
より軽く、よりコンパクトになり作動音がより静かで充電時間がより短縮されたそうです。
但し清掃幅がWV 50 280mmに対して WV 1が250mmと30㎜ほど短くなってしまったのは残念です。

付属品は充電アダプター、スプレーボトル(ボトル、ヘッド、固定リング)、ワイパーヘッド、ワイプパッド1枚、窓用洗浄剤1ケ

重さは0.7kgですが作業はスプレーボトルと本体の交互で作業するためそれほど負担にはならないです。

最初に説明するのは窓用洗浄剤です。別にこの専用の洗浄剤を使わなくてはいけない訳ではなく食器用中性洗剤を薄めて使用する事も可能です。

専用洗剤をスプレーボトルに入れます。

水を約250mlほど足します。

スプレーヘッド&ワイプパッドを取り付ければ準備完了

おススメはいきなりスプレーを吹きかけるのではなく一度軽く水をかけて表面の汚れを落とした方がよりきれいに効率よく掃除が出来ます。

ワイプパッド付きスプレーボトルのスプレーヘッドの下から洗浄液を吹きかけてワイプパッド(マイクロファイバー素材)でのばし、汚れを浮き立たせます。ワイパッドはマイクロファイバー素材のため、吸水に優れ、また洗浄対象物に優しい柔らかい素材を使用しています。

間を置かずすぐに窓用バキュームクリーナーのスイッチを入れ、汚れと残った水分を吸い取る。窓全体の水分を吸い取ったらお掃除終了・・・ただこれだけ!?

掃除前の汚れた窓が・・・

窓用バキュームクリーナーを使うとこの様に綺麗な窓ガラスになります。それとタンクにたまった汚水はしっかり捨てましょう。

1回の充電でおよそ20分間の連続使用が可能ですが、掃除が終わったら充電を忘れずに行った方が良いです。

窓ガラスの掃除以外に冬の窓の結露取りや浴室の水滴取りや鏡の掃除、ガラス家具の掃除、洗車後の窓の水滴取りなどにも活躍できる万能機です。これで窓掃除がストレスだったが、かなり楽になります。少しお金を使って掃除を楽にしてみては如何ですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする