お庭の雑草を燃やし尽くせ CAMPING MOON ファイヤーマン ギガパワー 2WAYトーチバーナー


モッキーの家のお庭が惨憺たる状況になりつつある。青々と生えている苔が地面にびっしりと根を張りその上には雑草も生えている。手で取ろうにもちょっと取り切れない。色々調べました。
まず除草剤はあまり使いたくないな!
塩をまく!お湯をまく!
どれも効果的とは思えない
その中で焼くという言葉が出てきました。そうだ雑草を燃やしてしまえ!って事で・・・・

キャンピングムーン ファイヤーマン トーチバーナーをAmazonで購入しました。
キャンピングムーン(CAMPING MOON) ファイヤーマン ギガパワー 2WAYトーチ OD缶からCB缶変換アダプター付 イグナイター付 収納ケース付 フルセット MT-3955/I-1010


なかなかカワイイ!オリジナル収納ケースに入っています。それをパカっとひらくと・・・

トーチ先端部
スパナ延長ロッド
バーナー本体
CB缶変換アダプター
イグナイター
が入っています。

説明書には
​トーチ先端部の内側にジェネレーターを備えており、瞬間気化させることで燃焼効率アップ!
空気調整レバーでの調整で、集中炎(火炎温度 1300度)からソフトな炎(火炎温度 900度)に調整可能。作業用途に応じて、炎の種類を変える事が出来る。
12,000kcal/hの高出力を誇るギアパワートーチであり、1300℃以上の4800Wでパワフルな集中炎が期待
また延長ロッドがついているので炎をより遠くまで運ぶことが出来ます。庭の雑草を取るとき屈まないで済むのがとても楽に作業が出来る

OD缶(アウトドアー用)は火力が強く耐寒性能が高いというメリットがあるのでトーチバーナーに最適だと思います。だけど難点は何処でも売っていない!買える場所が限定されると言う事でホームセンターやアウトドア専門ショップまたはネット購入がメインになる。コンビニで普通に売っているカセットボンベ(CB缶)に比べると入手しずらい。また値段が割高というのもデメリットかな。

CB缶変換アダプターを取り付けるとカセットボンベを装着することが出来ます。

CB缶の取り付けは
ボンベ取付前準備:ガス開閉バルブを反時計周りゆっくりと回して、閉じていることを確認。
•ボンベセット:バーナーのボンベロックの凸部がノズルと垂直の位置にあることを確認してから、ガスポンベの切り欠きに合わせ、‘カチッ’と音がするまで押し込みます。そして、バーナー本体を右に回してしっかり固定。

やはり家庭によくあるのはこのカセットボンベ(CB缶)でコンビニで手に入り値段も安い!どうしてもこちらをつけたくなる。他の製品では形状からCB缶しか付けられないものもあるが、このファイヤーマン トーチバーナーはCB/OD両方使えるのが良いかな

トーチバーナーの効果は
1)抜きにくい雑草やコケなどをイッキに焼ける
手で雑草を抜くって結構大変だよね。しかも中腰になって腰が痛くなる
2)雑草の種も焼ける
手で抜いても雑草の種が残っていればまた生えてくる。小さい種だから目で見わけなんかと手見出来ない。一緒にバーナーの炎で焼いてしまうと効果的
3)虫も駆除をする
虫なども一緒に焼いてしまえば害虫対策になる

庭の雑草の駆除でこのトーチバーナーを使用する時に注意しないといけない事は、ヤケドと火災事故は十分に気を付けないとイケナイ
このバーナーを使用する時には近くに水が入ったバケツを用意しておき万が一の時対応できるようにしています。

雑草対策にこのトーチバーナーを紹介しましたが、モチロン別の使い方もあります。例えばキャンプで炭起こしに大活躍します。高火力なので炭に火をおこすのも簡単です。値段もお手頃なので1つ持っておいても損はないと思いますよ!

YouTubeに動画をアップしました。ゴーーーーーーって音で炎が出ているので少し兵器感が出ているトーチバーナーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする