激安エアコンでもしっかり冷えます!東芝 大清快 で大正解


東芝 ルームエアコン RAS-F221M(W) ホワイト 主に6畳用
モッキーの寝室兼プラモ作成工房にやっとエアコンが入った。日中には真夏には汗だくで、真冬には凍えながらプラモデルを作っていた。しかも寝る時には風があるときはまだしも、無風の時は汗だくで布団の上をのたうち回っていた。そんな地獄の様なモッキーの部屋に待望のエアコンを導入した。友人に言わせるとよく今までエアコンなしに耐えていたな!っと驚かれた。近年真夏は昼は猛暑日になり夜も熱帯夜と寝苦しい夜が続く!思い切ってエアコンを買いました。数あるエアコンの中で購入したのがケーズデンキで売っていた東芝 ルームエアコン RAS-F221M
何故このエアコンを選んだか?そして何故ケーズデンキにしたか?

まずは一番上のエアコンをクリックして価格帯を確認してみてください。かなり安いでしょ?標準取り付け工事代付でこの値段です!
いやいや価格ドットコムで調べたらもっと安い所があるよ!って声が聞こえそう!確かに1万3~4千円ほどの開きがあります。でも注意深くよく見て行くと取付工事費別ってところが多い!多分その費用を加味するとケーズデンキとトントンの金額になる!そしてさらにネットで調べると、購入して取り付け業者が来たけど、色々問題を言われて取り付けず帰ってしまったとか、ずさんな工事をしたとか、かなり高い追加料金を請求された!とか・・・とにかくトラブルが多いことがわかる。だから値段が多少高くてもケーズデンキをお勧めします。モッキーの家ではケーズデンキで購入したエアコンが3台あるが、いずれも取り付け時にトラブルが発生したことがない!しかも大手だからなんかあっても安心!業者さんが来たので設置場所を指定してあとはお任せして取り付け工事をしてもらいました。

電気配線を延長してもらったので追加料金が6,480円ほどかかりましたが、想定内で収まりました。丁寧にしかも綺麗に工事してもらい大満足です。もう一つ忘れがちだが結構重要なポイントがあります。それは長期無料保証
いやいや!滅多に壊れないだろう~って思っている人は甘い!エアコンではないが、同じ時期に冷蔵庫が冷えなくなった!真夏に冷蔵庫が冷えなくなったら悲惨だよ!冷凍ものが溶けちゃうし・・・(涙
8年前にケーズデンキで購入したのだが、10年間の無料保証があるので背面のファンの交換修理に来てもらって無事に事なきを得た!これがケーズデンキで買っていなければ、下手をしたら買い替えになったかもしれない。今回のエアコンは10万円以下なので5年間の無料保証になる。だけど先ほどの価格ドットコムに出ている業者のほとんどが、延長保証はお金を取るし、そうでないところはメーカー保証の1年だけだよ。これって万が一の時は心強いサービスだよ

さて設置も終わったので商品の紹介に行こうと思います。まずはベランダに出て室外機の確認です。かなりコンパクトです。

それでは肝心の性能について書いていきます。
ハッキリ言って安物エアコンです!?
東芝 大清快の中でもエントリー機の中の最下層です。機能はいたってシンプルです!伝えるべき機能はほとんどない!あえて言うならば
小さめのお部屋に据え付けても圧迫感がないコンパクトボディ
室内機は幅795mm×高さ250mmのコンパクトボディなので、窓上や半間にも収まるサイズです。さらに2.2kWクラスは室外機も幅660mm×高さ530mmと、ダブルコンパクト設計ですから、ベランダの奥行きにも収まる大きさです。と案内には書いてある。ホント・・・それぐらいしか特徴がない!言うならばガンダムに出てくるジムみたいに特徴がないのが特徴(苦笑
だけど最強の機能が『この激安エアコンでもしっかり冷える!?

『シンプル イズ ベスト』と言わんばかりのリモコン(笑)
多分おばーちゃんにも簡単に操作できるほどの省機能リモコン
表示にあるように30℃でも結構冷える!6畳だと買って以来28℃以下にした事がない!それ以下にすると寒すぎる

モッキーの安眠の為にエアコンを買ったので、どんな使い方をしているか?少しご紹介
設定温度は冷房30℃~29℃ 風はしずかモード 暑がりの人はもう少し設定温度を下げても良いが、逆に寒がりだとこの温度で十分。
これで朝までぐっすり寝れます。
除湿だと冷えすぎてしまうので冷房が良いです。少し温度は高めで『ちょっと暑いかな?』程度が良いです。そしてお休みタイマーはかけない!エアコンが途中で止まると途端に温度が急上昇します。夜中に汗だくで飛び起きることがあり熟睡が出来ません。だから朝までエアコンはつけっぱなしです。でも高めの温度で風量を少なくすればあまり電気代を使わないので、体のストレスを考えればこの方法が真夏の寝苦しい夜にはおすすめです。毎日が快適で寝ることが出来ます。良かったら早めに予約してみては如何でしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする