インプラントへの道 その4:はじめての入れ歯

DSCF5686S.jpg
インプラントの治療をしているのに何故入れ歯をいれるの?
歯を抜歯してからはや6か月が経過した、これからあと4か月位は歯がない状態が続く
治療した先生から、抜歯した所をそのままにしておくと、両隣の歯が倒れかけてきてしまうので、入れ歯を入れた方が良いとの話
その為人生で初めての部分入れ歯を入れました。

感想としては、非常に不快(笑
違和感!異物感たっぷり
ワイヤーのフックで前後の歯にひっかけて固定するんだけど、舌がこのフックに当たって、すごく気になる
口の中に異物があるような感じで、すごく嫌な感じがする。
しかもごはんを食べる時もあまり噛めない。歯がすこし沈んでフック部分や入れ歯部分に痛みやなどがある

よく入れ歯でご飯を食べると美味しくない!と聞くが1本の部分入れ歯だけでこんなに影響があるとは思わなかった。
しかもせんべいなどを食べると粒々が入れ歯の間に入り込んでこれも痛い(苦笑

夜寝るときは、唾液が少なくなるので外して、部分入れ歯専用の洗浄剤を使う事をお勧めされた。朝起きて歯に装着するのもまた面倒
部分入れ歯としては保険の歯を作ってもらったので6,000円程度の出費で済んだが、あえて言うと非常に不快で付けたくないっという感情しかない

まあ~入れ歯をこの歳で(けっこうなおっさんだけど!まだ入れ歯の歳じゃないぞ!)入れるとは夢にも思わなかったが、これも経験!
歯を失うと体にも精神的にも非常に負担になることが分かったので、それは良かったかもしれない
皆さんも、歯は大事です!失ったらわかる!この苦痛!
歯を失う前にしっかりしたケアーが必要だと改めて実感しました
























シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする