初めてのサバゲーへの道:胎動編15  モッキー射撃練習場

のお庭に射撃練習場
モッキーのお庭に射撃練習場を作っちゃおうとホームセンターに色々な備品を購入しました。
右から
遮光ネット2m×4m・・・1,598円
遮光ネットを止めるダイオパンチ・・・387円
空缶473円×2個・・・946円
木の杭 2本・・・900円
3,800円くらいの出費で射撃練習場を作っちゃおうと思います。
ホームセンターに色々な備品を購入
木にロープを張ってそこに遮光ネットをかけてダイオパンチで遮光ネットをとめます。
遮光ネット
距離を稼ぐためにお隣のお庭ギリギリに射撃練習場を作ります。
その為、遮光ネットを弾が貫通することを考慮して遮光ネットを二つに折って2m×2mの大きさにしました。
遮光ネットを弾が貫通
BB弾は普通では通らない隙間なのだけど・・・勢いがあると貫通してしまうかも知れない不安がよぎる。
出来れば不繊布の様な網目のない布か網目が細かい布で厚手のものが良いですね
あまり網目が粗いとか薄い布だと貫通してしまう可能性があります。
網目が粗いとか薄い布だと貫通
隣の家にBB着弾してしまうと一大事なので買ってきた遮光ネットの上に夏場の暑さ対策のために買ってあった
さらに網目の細かい遮光ネットを重ねて3層構造としました。
1枚目の遮光ネットがかなり厚手なのでここで威力が減衰され、万が一貫通しても
2枚目3枚目は突破できないと思う。これだけ重ねれば大丈夫
これなら隣の家にBB弾が飛んで行ってしまうことは、まずないと思います。
隣の家にBB着弾
木槌で木の杭を叩いて地面に突き刺します
木槌で木の杭を叩いて地面に突き刺す
そこに空缶を被せます。本当なら空缶のふたを標的にしようと思ったんだけど、空缶本体でも十分に標的になるのでこちらを使用しました。
東京マルイプロターゲット
さてつぎは東京マルイプロターゲット に関してです。
どうもネットが破けやすいと言う評価です

背面に透明のプラスチックの板
ネットが破けないように的の背面に透明のプラスチックの板を入れて防護板を作ってみました。
ヤワナ防護板ではBB弾の衝撃を吸収できず
結果はボロボロ(笑
こんなヤワナ防護板ではBB弾の衝撃を吸収できません。
空缶の蓋が金属
仕方がないので空缶の蓋が金属なのでそれを上から吊り下げました。
的にあるたびに金属音がして、それはそれで気持ちが良い・・・だけど跳ね返って外に出る弾が続出・・・(汗
89式小銃で射撃訓練
以前89式小銃で射撃訓練をした時の写真です。とは言っても2月始めくらいなので、それほど時間がたってはいませんが、
小銃の擬装でまだ葉っぱをつけていない時の写真です。

SONYのアクションカムを弾着確認用アイテム
20mもの距離のプロターゲットのどこに当たったか?を見るのは結構大変。
双眼鏡で確認するのもありだけど、モッキーはSONYのアクションカムを弾着確認用アイテムとして利用しています
まずアクションカムを固定して撮影を開始。
アクションカムにはWi-Fi機能が搭載されていてPlayMemories Mobile(プレイメモリーズモバイル)を使えばWi-Fiで20m位の距離なら
手元のタブレットに映し出すことが出来る。こう言う便利グッズも良いと思う。
20mの距離でスコープを覗く
20mの距離でスコープを覗くとこんな感じで見れます。
弾を発射すると明らかに失速しているのでちょいとホップアップをいじりました。
ホップアップ
素人のモッキーがホップアップを語るのはおこがましいのですが、原理としてはBB弾を発射するとある程度は直進するのだけど、
そのうち重力に負けて放物線を描いて弾が下にさがります、その為ホップアップシステムはBB弾に一定方向の回転をかけることで
浮き上がろうとする揚力が発生し、下にさがる重力と、上に浮き上がる揚力がつりあった状態を保つとより長く弾道が直進する仕組みです。
ホップアップをかけ過ぎると弾が上に浮き上がります。
コッキングハンドルを引いてホップ調整ダイヤルを上にするとホップがかかります。
ホップアップをかけ過ぎると弾が上に浮き上がる
弾道が右寄りに着弾します。高さは大体こんな感じで良いですかね
ゼロイン照準あわせ
ゼロイン(照準あわせ)をしたいと思います。
写真左がエレベーション調整ノブ・写真右がウィンデージ調整ノブ
狙った所より右に当たっているのでウィンデージ調整ノブをL方向に回します。左に当たっている場合はその逆のR
また狙ったところより上に当たっている場合はエレベーション調整ノブをDOWNに回し、下に当たってる場合はその逆のUPに回す
エレベーション調整ノブ・写真右がウィンデージ調整ノブ
最後にど真ん中に着弾したので気持ちよく調整は終了。
ハンドガンの調整
ハンドガンの調整もしてみました。
10mくらいの試し撃ち
弾道がまっすぐ伸びて気持ちよいくらいに当たります。まあ~10mくらいだから当然だけどね(笑
サムライエッジ HGの可変ポップ
サムライエッジ HGの可変ポップも試したいと思います。
ティクダウンボタンを押しながらティクダウンレバーを下に回します。
スライドアッセンブル
スライドアッセンブルを本体から外します。
サムライエッジ HGは可変ポップシステム
ホップアップを強に少し回してみます。
弾道が20mくらい直進した後、急激に上昇したので、元の設定に戻しました。
サムライエッジ HGは可変ポップシステムをつかわなくても大丈夫そうです。
実質5000円くらいの費用でお手軽な射撃練習場
自宅の庭なので20m位の小さな射撃練習場だけど、それでもあれば練習になるのでちょっと作ってみました。
追加の遮光ネットを加えると実質5000円くらいの費用でお手軽な射撃練習場を作れました。
これでモッキーの腕を磨いて実戦でバンバン!ヒットを取りたいと思います。
モケイパドックさんのショップアイコンをクリック!きっと欲しいアイテムが見つかります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする