護衛艦「いずも」 よこすかYYのりものフェスタ2016

航空母艦じゃないよ!護衛艦だからね (^_^; 海上自衛隊最大の艦を激写

護衛艦いずもを見に横須賀まで
モッキーの親友の後輩のクリン・・・そうモッキーを師とあがめる不肖の弟子からよこすかのりものフェスタに護衛艦「いずも」が一般公開されるとの情報を入手!軍事オタクとしては痛恨の極み!自衛隊イベントは細かくチェックしている筈だったのだが、この情報を見逃すとは・・・汗

・・・って事で2016年6月12日 親友と二人で横須賀まで行ってきました
電車に揺られること約1時間半!?やっと横須賀駅に到着。本当に小旅行ですね
駅から少し歩いた所に海上自衛隊 横須賀地方総監部があります。人の流れに沿って進んでいくので間違いようがありません

自衛隊の敷地内に入ったら護衛艦『あまつかぜ』の右舷スクリュープロペラのモニュメントが僕らを出迎えました
さて持ち物検査のために順番に並びます。リュックの中身を見せて、無事に進めました。

特別機動船が停泊していました。高速を発揮して臨検を行うことが出来、多くの護衛艦に搭載されている
操縦系統は前にあるタイプ(写真左)と後ろにあるタイプ(写真右)の二種類ありました


さて、目を前に持っていくと護衛艦「いずも」の艦首が現れました。
もはやこの姿で異様なほどデカイと感じました


思わず『でけぇ~』っと言葉を発するほどの大きさです。全長は248mもあります。
例えば『いずも』を立てると地上54階の東京赤坂にある東京ミッドタウンとほぼ同じ大きさになります。
史上最大の戦艦大和が263m・ミッドウェー海戦で戦没した空母赤城(260m)・多くの海戦に参加した空母瑞鶴(257m)に比べて一回り小さい位の大きさです。日本と戦いミッドウェー海戦で沈んだアメリカ海軍の空母ヨークタウンと同規模になる


分類はヘリコプター搭載護衛艦になります。ちなみにウィッキで英語にするとhelicopter destroyer(ヘリコプター搭載駆逐艦)になります。例えば太平洋戦争開始時の連合艦隊旗艦の戦艦『長門』が全長225mなので、長門よりはるかに大きいこの船が駆逐艦ですか!?って思わず言いたくなるほど大きさ
ジェーン海軍年鑑ではヘリ空母に分類されています。まぁ~そうだろうね!これを見て駆逐艦だと言う外人さんはいないと思う

さて能書きはこれくらいにして、実際いずもに乗艦してみます。
出迎えた自衛官に海軍式敬礼で答えたいが、周りに多くの人がいるので、明らかに『この人オタクです』と思われたくもないのでお辞儀程度にしておきました。(笑


ただただ!だだっ広い格納庫を皆さんと共にテクテク歩いていきます。
この格納庫に搭載できるヘリコプターは最大14機です。


上甲板にあるヘリコプター甲板に向かうべく多くの人が順番待ちをしています。これだけの人がエレベーター待ちをしているから
どれだけの回数エレベーターを待たないといけないのかな?って友人と話していました。

お!エレベーターが警告音と共に下降し始めました。多くの人が乗っています。エレベーター操作は右の写真の部屋でおこなっているんですかね?


前の人からぞろぞろと動き始めました。どんどん前に進んでくださいとのアナウンス
え!え!え!ええぇ~ぇ モッキーたちも乗れちゃうの?って言うか!まだまだ余裕で乗れちゃいます

100人乗っても大丈夫!』ってどころじゃありません
このエレベーターは耐荷重は30トンあります。つまり30トンまで乗せられる
日本人の平均体重は男性が66kg、女性が53kgだから仮に男女で60kgとしたら30t=30,000kg÷60kg=500人!?
500人まで人が乗れると言うことになる!(エレベータのサイズで実際に500人乗れるかわからないが?)すげーエレベーターなのは確か!エレベーターの表面は特殊なゴム加工されているとの事


エレベーターが上昇しますとのアナウンスと共にゆっくり浮き上がりました!
周りの人もみんなおおーーっと驚きの声をあげていました。


割と静かなエレベーターだな!と友人も感心しきり!約30秒ほどで昇りきりました


エレベーターを降りると目の前に巨大な艦橋がそびえたちます。
右舷側に寄せたアイランド方式の5層構造になっていて艦橋前方には操舵室があり飛行甲板を一望できる


近接防空システムとして艦橋前部に設置してあるSeaRAMが設置されています。
Sea Rolling Airframe Missile(海の回転するミサイル)で目標を探索する装置(シーカー)にスティンガー
弾体部分はワイドワインダーを基に開発されて回転しながら飛翔する
発射機には最大11発のミサイルを装填できて誘導システムを必要としない、撃ちっ放しミサイルになる

ミサイルランチャーの上には捕捉レーダー・赤外線カメラ、EMSセンサーなど敵を捕捉追尾するシステム一式を搭載してあり独立・完結した防空システムになっている。このいずもが日本で始めてSeaRAMを装備して艦橋前と艦尾に2基設置されている。

第1銃座に設置された12.7mm機銃 名前はキャリおくん(本当にその名前のステッカーが貼っているんだもん・・・笑)
発射速度400~650発/分 最大射程距離6,700m まぁ~これで敵艦を沈めたりミサイルを打ち落とすことはさすがに出来ないがいずもに接近するボート程度に威嚇射撃は有効そうだ


ファランクスは接近するミサイルに対して最終防御をする役割でCIWS(シウス)・・・近接防御火器システムとも言われています
上部の半球状の丸いレドームには目標を探索・探知するレーダーが格納されいる
その下の円筒状の胴体には探知した目標を追尾するレーダーが納められている。
真ん中に20 mm 6砲身ガトリング砲が備え付けられ弾薬ドラムと機関砲に弾を運搬する装弾ベルトがワンセットになっている

探索から攻撃まで完全自動操作が可能で、1分間に4,500発のタングステン弾をばら撒ける
たぶんすごい勢いで旋回するんだろうけど、実際に動く実演はされなかったので、旋回スピードはわからない
マリンフェスタ2014 in FUNABASHI で護衛艦『やまゆき』の76mm単装速射砲がビューンビューーンと凄い勢いで砲塔が旋回していたからこれもたぶんビュンビュン動くんだろうね


艦首から見た光景です。ただただ広い!?
ヘリコプターだけ搭載するには本当にもったいないほどの広さ!
正直F-35B戦闘機を運用できちゃうんじゃないか?と疑っちゃうほどの大きさで立派な航空母艦です!と・・・言いたくなる
だが、固定翼の航空機の運用を想定した艦艇ではないとの事で無理やりF-35Bを載せた所で戦闘力を維持できる運用が出来るか?
との見方もあるし、いずもに比べて少し大きいくらいのワスプ級強襲揚陸艦がハリアー IIの後継機としてF-35Bを運用しようとしているのでいずもでも、問題ないという見方もある
まあそれはさておき、日本は攻撃型空母は持てないと言うが、そのうち国会答弁で防衛型空母の保有は出来ると変わるかもね(笑


さて、アイランド(艦橋構造物)通り過ぎます。
アイランド前部には艦首方向・左舷方向に向けて2つの空捜索と航空管制用OPS-50レーダーを備えている


ヘリコプター甲板からみたアイランドは、海面に突き出た島(アイランド)の様です。
むしろ接岸した船を岸壁から見ている感じもする。船の上にいる事を忘れてしまう光景です。

 アイランド後部には艦尾方向・右舷方向に向けてOPS-50レーダーを装備しているので先ほどの前部アイランドの2つのレーダーを
合わせると365度すべてカバーする


特別機動船がいずものすぐ横を軽快な動きで近づいてきました
かっこいい~!


艦尾には自衛艦旗が掲揚されています。
一通りヘリコプター甲板をぐるりと見たので、またエレベーターで格納庫に降りていきます。

馬の姿をした自衛官がダンスしています!そんな鹿な!こういうお祭りには鹿騒ぎも必要です
エレベーター待ちをしている人が、スマホやカメラでモッキーの事を撮影しています(照
・・・て言っても、モッキーが目当てではなくエレベーターに乗った人が目当てでしょうが・・・


艦内にスクリーンがあって色々な艦艇の映像が上映されていました。


SH-60K はSH-60Jシーホークをベースに三菱重工が製造した哨戒及び対潜能力を向上した哨戒ヘリコプター
対潜水艦用の哨戒任務をメインとするが不審船など対水上目標に対する警戒・監視や対水上戦・輸送・救難もこなせる万能ヘリ

後部エレベータは艦橋後方右舷のデッキサイド式で長さ15メートル×幅14メートルの大きさでエレベーターの大きさ以上の大型機も載せる事ができる。


いずもの艦尾にはファランクス1基・SeaRAM1基が設置されている。


さて今回の護衛艦いずもは巨大な船です。あまりの大きさに圧倒されます。だけど、見るところは少ないもう少しブリッジや船内が見れれば良いんだけどね

マリンフェスタ2014 in FUNABASHI で護衛艦『やまゆき』
以前見学した護衛艦やまゆきは艦内の通路が狭くて大きくない船に多くの兵器が搭載されて、これぞ!護衛艦と言った感じです。  いずもは護衛艦と言っても自分の身を守る兵器がとても少なく、戦闘能力が低い!
つまりこの護衛艦を護衛する為の護衛艦が必要と言うこと(笑
じゃあ~空母ジャン!って言いたい気持ちはよく分かる・・・だけどここは護衛艦と言おう
他の船に守ってもらう護衛艦がいたって良いじゃないか?そう!この船は日本を護衛しているのだから!

いずもは一度は乗艦したい船で今回のイベントに参加できて本当に良かった。
この頃日本の周りでは、不穏な動きが多くて、今まで平和だった日本に暗い影が忍び寄っている様です
自衛隊の人たちには日本を守る任務について頂き、本当に感謝です。これからも平和な日本を守るために頑張ってください。

いずもの周りに停泊している艦艇たち



奥が第2護衛隊群第6護衛隊に所属のたかなみ型護衛艦の2番艦の「おおなみ」
手前が横須賀軍港めぐりの新造船「シーフレンド7」

おやしお型潜水艦が2隻並んでいます。艦名はわかりません


手前からむらさめ型護衛艦の2番艦「はるさめ」こんごう型護衛艦の2番艦「きりしま」あたご型護衛艦の2番艦「あしがら」
奥にも護衛艦「たかなみ「あまぎり」試験艦「あすか」の姿が見えます

横須賀どぶ板通りを散策


護衛艦いずもを見学したモッキーと親友はもうひとつの目当て横須賀どぶ板通りに向かいました。
ミリタリーショップ「Fuji」さんはモッキーのミリタリー魂にぐぐっとくる品物が揃っています


どぶ板食堂 Perry (ペリー)さんで横須賀海軍カレープレートを注文
横須賀ネイビーバーガもついているお得なプレート。でも牛乳入らない。牛乳飲まずにビールを注文
親友としばしここでビールにポテトをつまみに楽しいひと時を過ごしました。
さて、順番待ちのお客さんも多くなってきたのでお店を出て二人、帰途につきました。
見たかった護衛艦「いずも」を見てミリタリーショップで好きな服を買って、横須賀海軍カレーやネイビーバーガーを食べる
そんなミリタリーマニアにとって至極な時間を過ごせました
横須賀は他にもミリタリーファンを魅了する場所がイッパイ!
戦艦三笠や軍港めぐりクルーズなど!興味があったら下の写真をクリックだ!

横須賀の地図

行った気分で横須賀海軍カレーは如何ですか?

宿情報

メルキュールホテル横須賀
駅前すぐ!京急汐入駅前徒歩1分、JR横須賀駅徒歩7分。
ホテルニューヨコスカ
設備充実、便利な立地。遊びに仕事に選んで正解。国際的ホテル。
セントラルホテル


横須賀中央駅から徒歩1分! 駅前で好立地なホテルです。

他にも魅力的な宿が満載